結婚式で流すプロフィールムービーの時間を把握する

短すぎず長すぎずで考えましょう

結婚式を行う際は、プロフィールムービーを流す人が非常にたくさんいますが、その際に多くの人が気にしてしまうのが時間になります。あまりにも長すぎると良くありませんし、反対にあまりにも短すぎても良くありません。適正な時間をしっかりと把握しておけば、問題なく作成できるので覚えておきましょう。どれくらいの長さで作成している人が多いのか覚えておくと良いでしょう。基本的には5分から10分程度に設定している人が多くいます。このくらいの長さであれば、見ている人が、もう終わりなのかまたはまだ続くのかと考えてしまわないようになります。どれくらいの長さにするべきなのか悩んでしまった場合は、5分から10分程度で考えるようにしましょう。

なぜ5分から10分がちょうど良いのかを考えましょう

短すぎても長すぎても良くないと言われるのが、結婚式で流すプロフィールムービーになりますが、なぜ5分から10分の間にしなくてはならないのか不思議に感じる人も多くいるでしょう。また必ず5分から10分以内ではならないと言う決まりはありません。なぜ5分から10分程度の長さで行った方が良いのかそれは、お色直しの長さにちょうど良いからになります。どのタイミングで流すのかはその人たちによって変わりますが、多くの人たちはお色直しのタイミングに流す傾向が強いです。5分から10分と聞くと少し短いような気もしますが、流した後に結婚式に参加している人同士が話をしてくれる長さにもなるので、このぐらい長さに設定をするのが良いでしょう。

女性の写真の方が多く流れる場合もある

結婚式で流すプロフィールムービーの時間がしっかりと決まったら、次は新郎新婦どちらの方が、長く写真などを流すのか決めなくてはなりません。一般的には男性女性共に、半分ずつの時間に設定すれば、良いと考えてしまいますが、自分たちの幼少期なども紹介をしたいと考える人がたくさんいます。そのため新郎新婦ともに3分ずつ程度自分たちの幼少期や、高校時代などを流すと良いでしょう。その後で、2人が出会った後の写真などを流すと見ている人も満足してくれます。また女性の方が少し長く流す場合もあります。参加をしている人も、男性の写真よりは女性の写真の方を見れた方が満足できます。また男性の場合は、あまり写真がないなどの可能性もあります。無理矢理写真を見つけて作成を私に流してしまうと、自分も見ている人も満足できない状態になってしまうので、女性の方が少し長く流しても良いでしょう。

記事一覧